コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教訓詩 きょうくんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教訓詩
きょうくんし

詩の一種。古代ギリシア・ローマで特に重要なジャンルで,通常叙事詩の詩形を用いるが,ホメロスの物語叙事詩とは異なって,科学,哲学,系譜学,各種の技術などをテーマにして,読者に知識と教訓を与えることを目的とする。古くはヘシオドスの『仕事と日々』と『神統紀』があり,クセノファネスパルメニデスエンペドクレスらの哲学者は叙事詩によって思想を表現した。ヘレニズム時代にはアラトスの天文書『現象』とニカンドロスの医書『有害動物対処法』および『解毒法』がある。ローマにはルクレチウスがエピクロス哲学を情熱的に歌った『物の本性について』 (6巻) があり,ウェルギリウスの『農耕詩』 (4巻) も形式上はこのジャンルに属する。オウィディウスの『愛の技術』と『愛の治療』は教訓詩の皮肉なもじりである。近代文学では,ボアローの『詩法』,ポープの『人間論』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

教訓詩の関連キーワードブラント(Sebastian Brant)ウェルンヘル・デル・ガルテネーレイブン・アブド・ラッビフデ・レルム・ナトゥーラサンティリャーナ侯爵ラウル・ド・ウーダンバガバッドギーターウィッテンワイラープルデンティウスクタドグ・ビリグ物の本質についてプルデンチウスソロモンの詩篇ピェトルスソングンドゥリッチイストーミンオランダ文学ルチェッライピェトルソンネメシアヌス

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android