コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アルハティーブ Ibn al‐Khaṭīb

1件 の用語解説(イブン・アルハティーブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アルハティーブ【Ibn al‐Khaṭīb】

1313‐75
ナスル朝の宰相(ワジール)であり,歴史家,詩人。グラナダの近郊で生まれ,グラナダで学ぶ。ユースフ1世に仕え,書記官の後1349年宰相位につき,次のムハンマド5世のもとでも宰相位にあったが,王の廃位とともに彼も投獄される(1358∥59)。解放後,王といっしょにモロッコに渡る。62年王の復位とともに,宰相位に復したが,宮廷内の陰謀を察知,モロッコへ逃れる(1371∥72)。しかし,王の死後まもなくグラナダに召喚され,獄死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のイブン・アルハティーブの言及

【マッカリー】より

…マッカリーはその主著《アンダルスの涼しき小枝》によってイスラム・スペイン史の研究に大きな貢献をした。この著作は2部より成り,第1部は8世紀初めのアラブのイベリア征服から,15世紀末のグラナダ陥落に至るまでのイベリア半島の政治・文化史で,第2部は14世紀のグラナダの文人政治家イブン・アルハティーブの伝記である。【湯川 武】。…

※「イブン・アルハティーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブン・アルハティーブの関連キーワードゴール朝蕭何北周黒衣の宰相花の宰相わじわじナスル朝宮殿あわじダルジールの死わじき

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone