イブン・アルハティーブ(英語表記)Ibn al‐Khaṭīb

世界大百科事典 第2版「イブン・アルハティーブ」の解説

イブン・アルハティーブ【Ibn al‐Khaṭīb】

1313‐75
ナスル朝宰相(ワジール)であり,歴史家,詩人グラナダ近郊で生まれ,グラナダで学ぶ。ユースフ1世に仕え,書記官の後1349年宰相位につき,次のムハンマド5世のもとでも宰相位にあったが,王の廃位とともに彼も投獄される(1358∥59)。解放後,王といっしょにモロッコに渡る。62年王の復位とともに,宰相位に復したが,宮廷内の陰謀察知,モロッコへ逃れる(1371∥72)。しかし,王の死後まもなくグラナダに召喚され,獄死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイブン・アルハティーブの言及

【マッカリー】より

…マッカリーはその主著《アンダルスの涼しき小枝》によってイスラム・スペイン史の研究に大きな貢献をした。この著作は2部より成り,第1部は8世紀初めのアラブのイベリア征服から,15世紀末のグラナダ陥落に至るまでのイベリア半島の政治・文化史で,第2部は14世紀のグラナダの文人政治家イブン・アルハティーブの伝記である。【湯川 武】。…

※「イブン・アルハティーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android