コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ルスタ Ibn Rusta

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ルスタ【Ibn Rusta】

10世紀前半に活躍したイスファハーン生れのイスラム教徒で地誌著述家。生没年不詳。903年ヒジャーズにいたという記録がある。著書にアラビア語で書かれた《貴重なるものの書》(903‐913)がある。もとは大著であったが,天文,地理について述べた第7巻のみ現存する。本書は世界を全体的にとらえ,現世的・実際的情報の提供を意図して編纂された。アッバース朝下のイスラム世界だけでなく,ビザンティンをはじめとする非イスラム地域を含み,豊富なテーマと収集された見解の多様さには,小型の歴史地理全書の趣がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イブン・ルスタの関連キーワードアブドゥッ・ラフマーン・イブン・ルスタムルスタム朝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android