コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イムディナの大聖堂 イムディナのだいせいどう

1件 の用語解説(イムディナの大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

イムディナのだいせいどう【イムディナの大聖堂】

マルタ島中央部の城塞都市イムディナ(Mdina、正式名Imdina)中心部にあるキリスト教の聖堂。◇地元では単に「大聖堂」(Cathedral)と呼ぶ。バスターミナルのすぐ近くにある(徒歩約3分)。首都バレッタ(Valletta、Belt Valletta)からイムディナのバスターミナルまではバスで約20分ほどかかる。マルタ島で最初に建設された教会で、4世紀には、この場所にすでに小さな教会が建っていた。キリスト十二使徒の一人である聖パウロの乗っていた船が西暦60年にマルタ沖で難破し、マルタに上陸したパウロは、ラバトRabat)の聖パウロ教会の下にある洞窟(聖パウロの洞窟)に身を隠し、伝道を行った。この伝道で改宗したマルタ島のローマ人の長、プーブリウスの家の敷地に、この教会が建設されたといわれる。その後、マルタ島は870年にアラブ人の侵攻を受け、1127年にノルマン人が占領するまでイスラムの支配があったが、この間に破壊され、ノルマン人が支配した13世紀に再建された。この教会も17世紀末の地震で倒壊し、その後、バロック様式の教会として再建され、今日に至る。聖堂内部の中央祭壇後方の聖歌隊席には、画家で騎士でもあったマッティア・プレティ(Mattia Preti、1613~1699年)のフレスコ画「聖パウロの難破風景」がある。ちなみに、城壁の外にあるラバトの「聖パウロの洞窟」の上に建つ聖パウロ教会は、この大聖堂に付属する参事会教会である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イムディナの大聖堂の関連キーワードゴゾ島ムディナラバトイムジャールイムディーナイムナイドラ神殿チェルケウアハジャーイム神殿ビットリオーザマルタ島

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone