コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イムディナの大聖堂 イムディナのだいせいどう

1件 の用語解説(イムディナの大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

イムディナのだいせいどう【イムディナの大聖堂】

マルタ島中央部の城塞都市イムディナ(Mdina、正式名Imdina)中心部にあるキリスト教の聖堂。◇地元では単に「大聖堂」(Cathedral)と呼ぶ。バスターミナルのすぐ近くにある(徒歩約3分)。首都バレッタ(Valletta、Belt Valletta)からイムディナのバスターミナルまではバスで約20分ほどかかる。マルタ島で最初に建設された教会で、4世紀には、この場所にすでに小さな教会が建っていた。キリスト十二使徒の一人である聖パウロの乗っていた船が西暦60年にマルタ沖で難破し、マルタに上陸したパウロは、ラバトRabat)の聖パウロ教会の下にある洞窟(聖パウロの洞窟)に身を隠し、伝道を行った。この伝道で改宗したマルタ島のローマ人の長、プーブリウスの家の敷地に、この教会が建設されたといわれる。その後、マルタ島は870年にアラブ人の侵攻を受け、1127年にノルマン人が占領するまでイスラムの支配があったが、この間に破壊され、ノルマン人が支配した13世紀に再建された。この教会も17世紀末の地震で倒壊し、その後、バロック様式の教会として再建され、今日に至る。聖堂内部の中央祭壇後方の聖歌隊席には、画家で騎士でもあったマッティア・プレティ(Mattia Preti、1613~1699年)のフレスコ画「聖パウロの難破風景」がある。ちなみに、城壁の外にあるラバトの「聖パウロの洞窟」の上に建つ聖パウロ教会は、この大聖堂に付属する参事会教会である。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone