コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖歌隊席 せいかたいせきchoir stall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖歌隊席
せいかたいせき
choir stall

キリスト教聖堂内の身廊とアプスの間に設けられた聖歌隊の場所。普通床面が一段高くなっている。カロリング朝の建築ではアプスと聖歌隊席を一体として,内陣と呼ぶようになった。しかし,ロマネスク・ゴシック建築になると,アプス部まで延びる側廊が,アンビュラトリー (周歩廊) を形成し,アプスと内陣とは区別された形となる。この聖歌隊席は内陣柵で囲まれていることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

聖歌隊席の関連キーワードイル・レデントーレ聖堂バッチオ・ダーニョロサン・クレメンテ聖堂聖ゼバルドゥス教会イムディナの大聖堂ウォルムス大聖堂ギルランダイヨステンドグラスポルト歴史地区ウルム大聖堂トリビューンカントーリアオランダ建築ポントルモコワイアークワイアバシリカロッビアベルゲテ二重合唱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖歌隊席の関連情報