イムロズ島(読み)イムロズとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イムロズ島
いむろずとう
mroz

エーゲ海北東部に浮かぶトルコ領の島。ゲリボル半島の沖合い約20キロメートルに位置する。イムブロス島ともよばれる。面積289平方キロメートル。地形は丘陵性で最高点は611メートル。人口7948(1990)。チャナッカレ県に属する。小麦、ブドウ、オリーブなどを産する。第一次世界大戦の際にイギリス軍に占領されたが、1923年に返還されて今日に至る。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android