イムロズ島(読み)イムロズとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イムロズ島
いむろずとう
mroz

エーゲ海北東部に浮かぶトルコ領の島。ゲリボル半島の沖合い約20キロメートルに位置する。イムブロス島ともよばれる。面積289平方キロメートル。地形は丘陵性で最高点は611メートル。人口7948(1990)。チャナッカレ県に属する。小麦、ブドウ、オリーブなどを産する。第一次世界大戦の際にイギリス軍に占領されたが、1923年に返還されて今日に至る。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android