コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イメージ・アドバタイジング image advertising

1件 の用語解説(イメージ・アドバタイジングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

イメージ・アドバタイジング【image advertising】

ブランド、商品、企業などのアウェアネス(認識)とマインド・シェア知名度)の獲得を目的とした広報活動のこと。商品やサービスを売るのではなく、あくまでも消費者の意識にイメージや認識を与えることを狙いとする。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イメージ・アドバタイジングの関連キーワードアンブレラ・ブランド企業ブランド共同ブランドマインド・シェア商品ブランド戦略ブランドフェアネスブランドシェアタラスブルバヘリーハンセン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone