コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリジウム濃集層 イリジウムのうしゅうそうiridium-enriched bed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリジウム濃集層
イリジウムのうしゅうそう
iridium-enriched bed

白亜紀‐古第三紀境界層で,イリジウムやほかの白金族元素の異常濃集が,世界各地で発見された。このイリジウムの異常値を発見したことによって,巨大隕石落下による恐竜絶滅原因説が主流を占めたが,近年では,ホットスポット起源の火山噴出物にもイリジウム異常濃集が特徴的に現れることから,世界的な規模での火山説も唱えられている。この二つの説のいずれにせよ,イリジウムの異常値を示す層では,多量のすすが検出されていることから,全地球的な火災が起こったことが想像されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android