コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山噴出物 かざんふんしゅつぶつ volcanic ejecta

3件 の用語解説(火山噴出物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火山噴出物
かざんふんしゅつぶつ
volcanic ejecta

噴火によって噴出した物質。火山放出物ともいう。噴火に直接関係したマグマ起源の本質物質,火山体を構成していた古い噴出物である類質物質,基盤岩などその噴火とは無関係の岩石に由来する異質物質がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

火山噴出物

噴火によって地表に噴出する物質。マグマ起源の本質物質と、それ以外の異質物質がある。代表的な本質物質は溶岩。爆発的な噴火では、マグマは破砕され、テフラ(火山砕屑〈さいせつ〉物)になる。テフラは、大きさにより、火山灰(直径2mm以下)、火山礫(れき)、火山岩塊(直径64mm以上)に分類される。火山礫や火山岩塊は、噴石とも呼ばれる。紡錘状などの特有な形のものを火山弾、発泡がよく、空隙が極めて大きいものを軽石(流紋岩質など白っぽいもの)やスコリア(玄武岩質など黒っぽいもの)と呼ぶ。異質物質には、噴火で噴き飛ばされた基盤岩の破片などがある。火山噴出物にはほかに、火山ガスや温泉水もある。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

火山噴出物

火山の噴火によって地表に放出された物質[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火山噴出物の関連キーワード火成鉱床噴出岩噴火噴火の規模マグマ混合マグマ水蒸気爆発マグマ噴火溢流岩桜島火山水底噴火

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火山噴出物の関連情報