コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イレチェク Konstantin Jireček

世界大百科事典 第2版の解説

イレチェク【Konstantin Jireček】

1854‐1918
南スラブ諸国専門のチェコ人史家。スラブ学・言語学・歴史学者,政治家として著名なヨーゼフ・イレチェクJosef Jireček(1825‐88)の子。プラハ大学で歴史学を修めたのち,ブルガリアの国民教育に情熱を傾け,オスマン・トルコから独立したブルガリアで文部大臣を務める(1881‐84)。学位論文であった主著《ブルガリア史》(1876)は言語学に裏付けられた徹底的な実証主義に基づく成果で,ブルガリアにおける最初の学問的著作として今日でも高く評価されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

イレチェク

生年月日:1854年7月24日
チェコスロヴァキアの歴史家
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

イレチェクの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android