コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イレチェク Konstantin Jireček

1件 の用語解説(イレチェクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イレチェク【Konstantin Jireček】

1854‐1918
スラブ諸国専門のチェコ人史家。スラブ学・言語学・歴史学者,政治家として著名なヨーゼフイレチェクJosef Jireček(1825‐88)の子。プラハ大学で歴史学を修めたのち,ブルガリア国民教育に情熱を傾け,オスマントルコから独立したブルガリアで文部大臣を務める(1881‐84)。学位論文であった主著《ブルガリア史》(1876)は言語学に裏付けられた徹底的実証主義に基づく成果で,ブルガリアにおける最初の学問的著作として今日でも高く評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イレチェクの関連キーワード米騒動安政干渉戦争新聞小説東欧演劇母性保護論争安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone