コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イレチェク Konstantin Jireček

1件 の用語解説(イレチェクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イレチェク【Konstantin Jireček】

1854‐1918
スラブ諸国専門のチェコ人史家。スラブ学・言語学・歴史学者,政治家として著名なヨーゼフイレチェクJosef Jireček(1825‐88)の子。プラハ大学で歴史学を修めたのち,ブルガリア国民教育に情熱を傾け,オスマントルコから独立したブルガリアで文部大臣を務める(1881‐84)。学位論文であった主著《ブルガリア史》(1876)は言語学に裏付けられた徹底的実証主義に基づく成果で,ブルガリアにおける最初の学問的著作として今日でも高く評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イレチェクの関連キーワードスラブ語派スロベニア語チェコ語ブルガリア語ガンクラブチェックスラブ汎イスラム主義スラブ叙事詩第3次中東戦争と占領中東包括和平構想

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone