イワン・イリイッチの死(読み)イワン・イリイッチのし(英語表記)Smert' Ivana Il'icha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシアの作家 L.トルストイの小説。 1886年発表。作者が『アンナ・カレーニナ』完成後,10年近い沈黙を破って発表した作品。死の病魔におかされて,恐ろしいまでの孤独と恐怖,不安と懊悩に責めさいなまれながらこの世を去っていく司法官吏イワン・イリイッチの苦悩を通じて,「死」のもつ深刻な哲学的意味を探り,そのことによって逆に,生者がいかにエゴイスチックに,偽善的に,非人間的に行動しているかを鋭くえぐったもので,「人生いかに生くべきか」をあらためて深く考えさせる作品となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android