懊悩(読み)オウノウ

デジタル大辞泉 「懊悩」の意味・読み・例文・類語

おう‐のう〔アウナウ〕【×懊悩】

[名](スル)なやみもだえること。煩悶はんもん。「行き詰まって懊悩する日々」
[ト・タル][文][形動タリ]悩みもだえるさま。
「腕をあごを襟に埋めて―たる物思いに沈んだ」〈二葉亭浮雲
[類語]悩む苦しむわずらもだえる思い煩う思い迷う思い乱れる苦悩する煩悶はんもんする憂悶ゆうもんする苦悶くもんする苦慮する頭を痛める頭を悩ます思い詰める

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「懊悩」の意味・読み・例文・類語

おう‐のうアウナウ【懊悩】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動タリ ) 心の底で悩みもだえること。また、そのさま。煩悶
    1. [初出の実例]「情話不覚累刻、及夜而懊悩、以迄今未蘇」(出典:惺窩文集(1627頃)四・与玄同)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「懊悩」の読み・字形・画数・意味

【懊悩】おうのう

なやむ。

字通「懊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android