懊悩(読み)オウノウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐のう〔アウナウ〕【×懊悩】

[名](スル)なやみもだえること。煩悶(はんもん)。「行き詰まって懊悩する日々」
[ト・タル][文][形動タリ]悩みもだえるさま。
「腕を拱(く)み顋(あご)を襟に埋めて―たる物思いに沈んだ」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐のう アウナウ【懊悩】

〘名〙 (形動タリ) 心の底で悩みもだえること。また、そのさま。煩悶。
※惺窩文集(1627頃)四・与玄同「情話不覚累刻、及夜而懊悩、以迄今未蘇」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android