懊悩(読み)オウノウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐のう〔アウナウ〕【×懊悩】

[名](スル)なやみもだえること。煩悶(はんもん)。「行き詰まって懊悩する日々」
[ト・タル][文][形動タリ]悩みもだえるさま。
「腕を拱(く)み顋(あご)を襟に埋めて―たる物思いに沈んだ」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうのう【懊悩】

( 名 ) スル
悩みもだえること。 「 -の極み」 「人生の岐路に立って-する」
( トタル ) [文] 形動タリ 
悩みもだえるさま。 「 -たる思い」 「 -として憂うきに堪へざらんやうなる彼の容体に/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐のう アウナウ【懊悩】

〘名〙 (形動タリ) 心の底でみもだえること。また、そのさま。煩悶
※惺窩文集(1627頃)四・与玄同「情話不覚累刻、及夜而懊悩、以迄今未蘇」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懊悩の関連情報