懊悩(読み)オウノウ

デジタル大辞泉「懊悩」の解説

おう‐のう〔アウナウ〕【×懊悩】

[名](スル)なやみもだえること。煩悶はんもん。「行き詰まって懊悩する日々」
[ト・タル][文][形動タリ]みもだえるさま。
「腕をあごを襟に埋めて―たる物思いに沈んだ」〈二葉亭浮雲
[類語]悩む苦しむわずらもだえる思い煩う思い迷う思い乱れる苦悩する煩悶はんもんする憂悶ゆうもんする苦悶くもんする苦慮する頭を痛める頭を悩ます思い詰める

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「懊悩」の解説

おう‐のう アウナウ【懊悩】

〘名〙 (形動タリ) 心の底で悩みもだえること。また、そのさま。煩
※惺窩文集(1627頃)四・与玄同「情話不覚累刻、及夜而悩、以迄今未蘇」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android