インジケータ(読み)いんじけーた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インジケータ

動作状態を表す装置や機能機器の動作状態を表示する装置や機能のこと。たとえば、フロッピーディスクドライブにフロッピーディスクが挿入され、データの読み書きが行われていることを表すランプなどを指す。接続インジケータ作業状況を表すアイコンWindowsの画面の右下の領域で、アプリケーションやデバイスなどの作業状況を表示するアイコンのこと。日本語入力インジケータ

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インジケータ
indicator

指圧計ともいう。時間的に変動する圧力を測定する計器。普通ピストン機関のシリンダ内の圧力,あるいは吸排気管内の圧力などを測定するのに用いられる。インジケータによって描かれた線図をインジケータ線図あるいは指圧線図といい,これにより図示平均有効圧力の測定や,吸・排気,点火・燃焼などの諸現象を明らかにしたり,燃焼状況の監視用計器として用いられる。測定原理上,機械的,電気的な諸方法がある。また得られる指圧線図が多数サイクルの平均値を示す形式のものと,1サイクルごとの指圧線図を示すものがあり,測定対象となる圧力によって各種のものがある。また,一般に,いろいろに変化する状態を表示するもの──プラントを監視するための計器,化学反応に用いる指示薬など──をインジケータと呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インジケータの関連情報