インセンティブ・ペイメント・システム(英語表記)incentive payment system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インセンティブ・ペイメント・システム
incentive payment system

労働能率を刺激し,労働者の作業量に応じて賃金を支払う制度。刺激給,奨励給,能率給などの制度がそれにあたる。方式としては出来高を基準とする出来高払いのものと標準時間を基準とする時間割増制がある。古くからあるものとしては単純出来高給制,ハルシープレミアム・ボーナスプラン,それを修正したローワン・プラン,F.W.テーラー差別出来高給制などがある。またラッカー・プランスキャンロン・プランなども成果配分による新しいインセンティブ・ペイメント・システムとして注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android