インタラプトスイッチ(読み)いんたらぷとすいつち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インタラプトスイッチ

Macintoshに付いている特殊なスイッチのひとつで、強制的にデバッガーを呼び出す。Ⅱfx以前の機種では別部品(プログラマーズスイッチ)になっていて、本体に取り付けた。プログラマーズスイッチは「○」マークの付いたインタラプトスイッチと「△」マークの付いたリセットスイッチの2つが一体になっている。インタラプトスイッチを押した場合、MacsBug(マックスバグ)やTMON(ティーモン)などのデバッガーに制御が渡る。デバッガーがインストールされていないときには、ROMに入っているモニタプログラムが呼び出され、「>」マークのプロンプトが出てくる。プログラム開発者がデバッガーを起動したいときに使用するスイッチであり、通常一般のユーザーが使う必要はない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android