マーク(英語表記)mark

翻訳|mark

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
しるし。記号。また、しるしをつけること。
テストや競技の得点・成績の記録をつくること。「大会記録をマークする」
目をつけて注意すること。特定の対象に注目すること。「警察が容疑者としてマークする」「ノーマークの選手」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

堆積学では,地層の頂部に削剥されたり刻まれた構造に関して用いる.一般にこれらを覆っている堆積物で充填され,キャストまたはモールドを作っている[Dzulynski & Walton : 1965].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (mark)
① (━する) しるし。符号。標章。標識。また、印をつけること。目印をつけること。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一一「符号(マーク)の附けてある所」
② (「トレードマーク」の) 商標。
※駒のいななき(1916)〈巖谷小波〉六「何しろ私の社のマークが付いてるものですから」
③ 点。点数。記録。
④ (━する) 目をつけること。ねらって注意すること。また、特定の対象の動きに注目して行動すること。
※スポオツ随筆‐オリンピヤアド印象(1932)〈辰野隆〉「最大強敵や第一流の世界的人物をマアクしながら」
⑤ (━する) 記録すること。特に、運動競技で、よい記録をつくること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のマークの言及

【オペレーティングシステム】より

…いずれのプラットフォームでもWindows NTと競合しているが,まだ安定度と成熟度で優っていると言われる。Machマーク。カーネギー・メロン大学で開発されたUNIX系の分散OS。…

※「マーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マークの関連情報