コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターバンクマーケット

1件 の用語解説(インターバンクマーケットの意味・用語解説を検索)

FX用語集の解説

インターバンクマーケット

外国為替市場という場合、東京証券取引所のような物理的な取引所ではなく、各金融機関同士が電話やコンピュータなどの通信インフラを用いて行なう取引を総称したものを指すのが普通です。この銀行間取引のことをインターバンクマーケットといいます。この市場の取引参加者は金融機関、大手証券会社などです。参加者たちは、銀行や証券会社同士で直接、通貨の取引をする場合もあれば、ブローカー仲介業者)を経由して間接的に取引する場合もあります。現在は、ブローカー経由よりも、金融機関同士が直接、通貨を売買するダイレクトディーリングが主流となっています。

出典|(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インターバンクマーケットの関連キーワード為替市場終値東京証券取引所(東証)ディーリング(Dealing)ニューヨーク外国為替市場ロンドン外国為替市場外国為替市場(Foreign Exchange Market)東京外国為替市場東京外国為替市場委員会(Tokyo Foreign Exchange Market Committee)三市場

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone