コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドセンザンコウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドセンザンコウ
いんどせんざんこう
Indian pangolin
[学]Manis crassicaudata

哺乳(ほにゅう)綱有鱗(ゆうりん)目センザンコウ科の動物。体長60~75センチメートル、尾長45センチメートル。胴の鱗(うろこ)は11~13列あって、大きく、淡褐色をしている。スリランカ、インドに分布し、日中は岩の割れ目や自ら掘った穴の中で過ごし、夜間に活動してシロアリやアリをとらえる。木にも登ることができるが、おもに地上で生活する。1産1子であるが、ときに2子のこともある。[齋藤 勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android