コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドセンザンコウ インドセンザンコウ

2件 の用語解説(インドセンザンコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドセンザンコウ
インドセンザンコウ

センザンコウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドセンザンコウ
いんどせんざんこう
Indian pangolin
[学]Manis crassicaudata

哺乳(ほにゅう)綱有鱗(ゆうりん)目センザンコウ科の動物。体長60~75センチメートル、尾長45センチメートル。胴の鱗(うろこ)は11~13列あって、大きく、淡褐色をしている。スリランカ、インドに分布し、日中は岩の割れ目や自ら掘った穴の中で過ごし、夜間に活動してシロアリやアリをとらえる。木にも登ることができるが、おもに地上で生活する。1産1子であるが、ときに2子のこともある。[齋藤 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone