コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド誌 インドしIndica

世界大百科事典 第2版の解説

インドし【インド誌 Indica】

ギリシアの歴史家,哲学者アリアヌス(アリアノス)がその著作《アレクサンドロスの遠征》に加えた付録。インドの地誌,歴史,およびアレクサンドロス大王の提督ネアルコス指揮下のマケドニア艦隊がインダス河口からティグリス河口に至るまでの航海記録(前326‐前325ころ)を内容とする。ネアルコス提督の報告書,メガステネスのインド見聞記などに資料を得ているので貴重な文献となっている。【高橋 通男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

インド誌の関連キーワード西・南アジア史(年表)マンティコラビールーニークテシアス

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android