コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インパクトクラッシャ インパクトクラッシャimpact crusher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インパクトクラッシャ
impact crusher

おもに衝撃を利用するクラッシャ。種々の形があるが,覆蓋中で数個の鋼刃をもつ円筒を高速で回転し,樋から落下する原料を刃で衝撃して砕くと同時に遠心力ではねとばし,覆蓋から吊られた衝撃鋼板に打当ててさらに細砕する方式と,円筒中で中粒度の原料と鋼球を混じて回転し,遠心力で巻上がって落下する鋼球の衝撃で原料を砕く方式とが多く用いられ,前者はおもに中砕・細砕用,後者は粉砕・微粉砕用 (一種の乾式ボールミル ) である。適用原料は比較的軟質の石灰石,石炭などを主とし,石炭微粉砕用のものは微粉炭機と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

インパクトクラッシャの関連キーワード粉砕機砕石機

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android