コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インパクトクラッシャ インパクトクラッシャ impact crusher

1件 の用語解説(インパクトクラッシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インパクトクラッシャ
インパクトクラッシャ
impact crusher

おもに衝撃を利用するクラッシャ。種々の形があるが,覆蓋中で数個の鋼刃をもつ円筒を高速で回転し,樋から落下する原料を刃で衝撃して砕くと同時に遠心力ではねとばし,覆蓋から吊られた衝撃鋼板に打当ててさらに細砕する方式と,円筒中で中粒度の原料と鋼球を混じて回転し,遠心力で巻上がって落下する鋼球の衝撃で原料を砕く方式とが多く用いられ,前者はおもに中砕・細砕用,後者は粉砕・微粉砕用 (一種の乾式ボールミル ) である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インパクトクラッシャの関連キーワードクラッシュパッドクラッシャー有らっしゃるクラッシャブルクラッシャブルゾーンクラッシュシルクフラッシュパスロールクラッシャーCLASSY.インパクトクラッシャー

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone