コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インヒビン インヒビンinhibin

翻訳|inhibin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インヒビン
inhibin

下垂体前葉ホルモンである卵胞刺激ホルモン (FSH) の分泌を調節する蛋白質卵巣精巣で作られ,黄体形成ホルモンに影響を与えることなく FSHの分泌を特異的に抑制する。副作用の少ない男性避妊薬としての応用が期待されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

インヒビン

 精巣のセルトリ細胞,卵巣の顆粒膜細胞から分泌される糖タンパク質ホルモンで,下垂体に作用して卵胞刺激ホルモンの分泌を抑制する.A,Bの2種が知られている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

インヒビン【inhibin】

〔阻害するものの意〕
生物の胚発生において、アクチビンの働きを抑えるタンパク質。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

インヒビンの関連キーワード男性ホルモンのしくみとはたらき脳下垂体前葉ホルモン母体血清マーカー検査アクチビン胚発生

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android