インフレ抑制(読み)インフレよくせい(英語表記)anti-inflation policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インフレ抑制
インフレよくせい
anti-inflation policy

物価上昇を現状程度,またはそれ以下に止めること。水準の維持,下落だけでなく,上昇率を維持,低下させることも含む。インフレ抑制策はインフレの要因,性格に応じて異なり,(1) ディマンドプル・インフレに対しては,金融・財政政策として公定歩合の引き上げ,支払い準備率の引き上げ,予算・財政投融資の引き締め,増税などの総需要抑制,(2) コストプッシュ・インフレに対しては,商品の価格,賃金,利潤など生産要素価格の凍結やガイドライン策定といった所得政策,(3) 輸入インフレには,為替切り上げによる輸入物価の下落が妥当,と考えられている。ただし,インフレ対策には経済成長,完全雇用国際収支のバランスなど他の政策目標との調整が必要であり,目標間のトレードオフの関係 (たとえば 1970年以降のインフレと不況の併存) や,インフレの原因を正確に把握することの難しさから,明確な方法がなく,継続的に使えないなどの問題がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インフレ抑制の関連情報