イ・やしなう・おとがい(漢字)

普及版 字通の解説


6画

[字音]
[字訓] やしなう・おとがい

[説文解字]
[金文]

[字形] 象形
乳房の形。(き)は乳房で子に授乳する形。(い)は(し)(赤子の形)に代えて、装うた人の形をそえたもので、頤養の礼を示す。

[訓義]
1. やしなう。
2. もと乳房の形。〔説文〕十二上に誤って「なり」とし、おとがいの意とする。

[古辞書の訓]
名義抄〕頤 ア(ヤ)シナフ・カヘリミル・イコフ・オトガヒ

[部首]
〔説文〕十二上を録し、「廣きなり」とするが、授乳の象。煕(熙)はに従う。頤はの異文。

[声系]
・頤jiは同声。は乳房の象で名詞、頤は授乳の意で動詞であろう。jiは「養う」、(姫)ki(乳)によって、成人の女を示す字であろう。

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android