頤養(読み)いよう

精選版 日本国語大辞典「頤養」の解説

い‐よう ‥ヤウ【頤養】

〘名〙 (「頤」はあご、転じて、養う意) 育て養うこと。〔新編覆醤続集(1676)〕
※連環記(1940)〈幸田露伴〉「吟咏翰墨の遊びをして性情を頤養(イヤウ)するとかいふ風に」 〔漢書‐食貨志・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「頤養」の解説

【頤養】いよう(やう)

保養する。〔漢書、食貨志下〕美祿天下~を頤する以なり。

字通「頤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android