コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イースター島遺跡群 イースターとういせきぐんEaster Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イースター島遺跡群
イースターとういせきぐん
Easter Island

ポリネシア東端のイースター島にある遺跡の総称。古くから巨大な石人像群が知られ,多くの学者の調査が行われたが,1950年代には T.ヘイエルダールらの調査により多くの事実が明らかとなった。調査されたのは南東部にあるビナプの2つのアフと住居,南東端部のマケマケ神の鳥人の儀式に関係し,石積みの建造物や岩面陰刻画をもつオロンゴ遺跡,オハエ,マウンガ・アウヘパ,トウ・コ・イフなどの住居址,ラノ・ララクの石切り場などである。島の文化は前,中,後の3期に分けられ,前期は4世紀からの痕跡があり,ビナプのアフやオロンの建造物の一部がすでにあり,ラノ・ララクの石切り場も用いられていた。中期には石像が多量に製作され,多くのアフはその台座として様相を異にした。多くの石積みの住居址やオロンゴの建造物もこの期に属する。年代は 1100~1680年頃とされる。後期初頭には伝説に残る戦いがあり,アフの石人像は倒され,アフの形も変るとともに,アフは墓地として用いられた。オロンゴの祭祀は継続して 19世紀まで行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イースター島遺跡群の関連キーワードアメリカ=オセアニア考古学ラパヌイ国立公園オセアニア史

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android