コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウァレリア街道 ウァレリアかいどうVia Valeria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレリア街道
ウァレリアかいどう
Via Valeria

ローマとアドリア海沿岸のアテルヌム (現ペスカラ) を結ぶ古代ローマの重要な街道の一つ。前 300年頃にはケルフェンニアまで延びた。前 154年の戸口総監 (ケンソル ) ウァレリウス・メッサラが舗装を行なったのでこの名がついた。皇帝クラウディウス1世 (在位 41~54) のときアドリア海まで通じ,クラウディア・ウァレリア街道と呼ばれた。プリニウスはこの街道の長さ 219kmをもってイタリアの東西の幅としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウァレリア街道の言及

【ローマ道】より

…(c)エトルリアの道路。(6)ウァレリア街道Via Valeria。ローマからアドリア海岸のアテルヌムに至る幹線道路。…

※「ウァレリア街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウァレリア街道の関連キーワードアエクイ人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android