ウァレリア街道(読み)ウァレリアかいどう(英語表記)Via Valeria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレリア街道
ウァレリアかいどう
Via Valeria

ローマとアドリア海沿岸のアテルヌム (現ペスカラ) を結ぶ古代ローマの重要な街道の一つ。前 300年頃にはケルフェンニアまで延びた。前 154年の戸口総監 (ケンソル ) ウァレリウス・メッサラが舗装を行なったのでこの名がついた。皇帝クラウディウス1世 (在位 41~54) のときアドリア海まで通じ,クラウディア・ウァレリア街道と呼ばれた。プリニウスはこの街道の長さ 219kmをもってイタリアの東西の幅としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウァレリア街道の言及

【ローマ道】より

…(c)エトルリアの道路。(6)ウァレリア街道Via Valeria。ローマからアドリア海岸のアテルヌムに至る幹線道路。…

※「ウァレリア街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android