ウァレリウス・アンチアス(英語表記)Valerius Antias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレリウス・アンチアス
Valerius Antias

前2世紀末頃のローマの年代記作者。ローマの起源から彼の時代,前 91年までのローマ史 (全 75巻) を著わした。修辞的方法を用い,戦闘描写,演説,討論の引用を含む。不正確な点や,当時の政治権力におもねった点などはリウィウスによって批判されているが,リウィウス以前では文学的歴史叙述の頂点をなすものと評価されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android