ウィエニアフスキー(読み)うぃえにあふすきー(英語表記)Henryk (Henri) Wieniawski

  • 1835―1880

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーランドの有名な音楽家系を代表するバイオリン奏者、作曲家。ルブリンに生まれる。パリに学び、13歳でペテルブルグにおいてデビューを飾ったのち、アントン・ルビンシュテインらと世界中を演奏旅行し、名声を博する。1862~67年にはペテルブルグ、74~77年にはブリュッセルの音楽院で教え、スタッカート技法など運弓法の発展に寄与した。モスクワで死去。門下にはイザイらがおり、フランス・ベルギー派の重鎮といえよう。バイオリン協奏曲(作品14と22)などロマンチックな名曲が多い。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android