重鎮(読み)ジュウチン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ちん〔ヂユウ‐〕【重鎮】

《おもしの意から》ある社会・分野で重きをなす人物。「財界の重鎮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐ちん ヂュウ‥【重鎮】

〘名〙 (「おもし」の意から)
① 人をおさえる力のあるもの。また、そのような人。ある社会で重きをなす人物。
※消息(1899‐1900)〈正岡子規〉「只保等登芸須の紙上に於て我雑誌を『一方の重鎮』などと手誉めしあるを見ていささか驚き申候」 〔杜甫‐奉持厳丈夫詩〕
② (━する) 人や物などが重々しくその場所を占め守ること。
※金色青春譜(1936)〈獅子文六〉暑苦しき一党「云はずと知れた天下の麗人千智子未亡人が宝の山の上に重鎮(ヂウチン)してゐます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報