コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重鎮 ジュウチン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ちん〔ヂユウ‐〕【重鎮】

《おもしの意から》ある社会・分野で重きをなす人物。「財界重鎮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうちん【重鎮】

ある団体・社会などで重きをなす人物。大立て者。 「法曹界の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

重鎮の関連キーワードドビュッシー:レントより遅く(ワルツ)/piano solo住田 又兵衛(3代目)中村雀右衛門(2世)杵屋 勝造(3代目)アンガス カンディ杵屋勝五郎(6世)クロード ルュテドボルジャークアンリ クイユテープ クルーサンソビーノ花柳 絹寿美ウェブスターエレディア武田 光雲戸田 宗寛凡河内躬恒山村 若晴アルファロデボーリン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重鎮の関連情報