コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィッセル Rudolf Wissel

世界大百科事典 第2版の解説

ウィッセル【Rudolf Wissel】

1869‐1962
ドイツの政治家,社会民主党員。機械組立職人から社会主義鎮圧法下の労働運動に身を投じ,1908‐18年,自由労働組合幹部。革命期の18‐19年の人民委員会政府で社会政策を担当。19年経済相として共同経済を唱えるも,いれられず辞任。以後33年まで国会議員,ドイツ労働総同盟幹部(1919‐23),経済大臣(1928‐30)を歴任。第2次大戦後は西ドイツ労働組合の再建に参画独学の人で手工業に関する著作がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウィッセルの関連キーワードジャヤ[山]