コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィドマンシュテッテン模様 ウィドマンシュテッテンもようWidmanstätten pattern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィドマンシュテッテン模様
ウィドマンシュテッテンもよう
Widmanstätten pattern

固相反応,特に離溶現象に伴って生じる定方向性結晶組織の一つ。ある鉱物の結晶面に沿って,葉片状,板状などを呈して他鉱物が配列したときの模様で,磁鉄鉱の {111} 面上に沿って相互に 60度に交わるチタン鉄鉱の格子配列はよく知られている。鉄隕石にもよく見られる。これは鉄-ニッケル合金のγ相であるテーナイトが徐冷されるとき,その面心格子 {111} に平行にα相であるカマサイトを析出するため現れる。いくつかの人工合金にもこの模様が見られる。これを発見者の名によりウィドマンシュテッテンの組織という。発見者 A.J.ウィドマンシュテッテン (1754~1849) はウィーンの科学者で,鉄隕石の研究でこれを見出した (08) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウィドマンシュテッテン模様の関連キーワード八面体晶隕鉄六面体晶隕鉄パラサイト

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android