ウィラード・D. ストレート(英語表記)Willard Dickerman Straight

20世紀西洋人名事典の解説

ウィラード・D. ストレート
Willard Dickerman Straight


1880 - 1918
米国の外交官,財政家
ニューヨーク生まれ。
コーネル大学建築学を学んだ後、中国へ渡る。1906〜08年米国奉天総領事を務める。清朝政府の公共事業に対する欧州や米国財界の投資計画を企画した。’11年辛亥革命で帰国。週刊誌ニュー・リパブリック」、月刊誌「アメリカ・アジア協会雑誌」の創刊に関与する。第一次大戦に参戦した米国軍の援助のため欧州に赴きパリで客死

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android