ウィリアム ワイラー(英語表記)William Wyler

20世紀西洋人名事典の解説

ウィリアム ワイラー
William Wyler


1902.7.1 - 1981.7.27
米国の映画監督
アルザス(フランス)生まれ。
20歳で渡米。1925年監督となり、「2巻もの」の西部劇を作る。’36年「この三人」を初めとして、「孔雀夫人」(’36年)、「デッド・エンド」(’37年)、「嵐が丘」(’39年)などの文芸映画、西部劇の秀作「西部の男」等多彩な分野で数多くの話題作を作る。「ミニヴァー夫人」(’42年)、「我等の生涯最良の年」でアカデミー監督賞を受賞。名撮影家グレッグ・トーランドを起用してショット内演出の新しい映画美学を打ち立てる。他にアカデミー作品賞、監督賞受賞作「ベンハー」(’59年)などの作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウィリアム ワイラー

生年月日:1902年7月1日
アメリカの映画監督
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android