コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西部劇 せいぶげき western

翻訳|western

6件 の用語解説(西部劇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西部劇
せいぶげき
western

アメリカ映画に特有のジャンルで,西部開拓時代にテーマをとった映画。その元祖は『大列車強盗』 The Great Train Robbery (1903) とみなされている。本格的な作品は J.クルーズ監督の『幌馬車』 The Covered Wagon (23) で,以後『テキサス決死隊』 The Texas Rangers (36) ,『平原児』 The Plains Man (36) ,『駅馬車』 Stagecoach (39) ,『荒野の決闘』 My Darling Clementine (46) ,『真昼の決闘』 High Noon (52) ,『シェーン』 Shane (53) ,『リオ・ブラボー』 Rio Bravo (58) ,『シェナンドー河』 Shenandoah (65) などさまざまな作品が登場し,また,『荒野の用心棒』 Per un Purgo di Dollari (64) などマカロニウエスタン呼ばれるイタリア製西部劇なるものも盛んになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいぶ‐げき【西部劇】

米国の西部開拓時代を背景にした映画・演劇。ウエスタン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西部劇【せいぶげき】

アメリカ映画の一分野。ウェスタンとも。19世紀開拓時代の西部を舞台に,カウボーイ,開拓民,インディアンらが登場する活劇。単純明快な視覚的表現が主要素の,米国の〈時代劇〉といえる。
→関連項目アルトマンアルドリッチイーストウッドウェインウォルシュ駅馬車(映画)カウボーイ時代劇映画フォードブロンソンペキンパーホークスマカロニ・ウェスタンワイラー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶげき【西部劇 western film】

アメリカ映画独特のジャンルで,果てしない荒野,巨大なサボテンの林立,荒涼たる岩山といった辺境の特異な風景や,開拓時代の無法地帯を舞台に,馬に乗って,つば広の帽子をかぶり,拳銃を腰にさげた男たちが平和のために,あるいは男の意地をかけて決闘に挑むアクションドラマというのがもっとも一般的なイメージである。歴史の短いアメリカの〈時代劇〉的ジャンルであり,きびしい気候風土から生まれた独特の生活様式や風俗などがエキゾティックな魅力をかき立て,大衆娯楽映画のもっとも単純明快な一形式として,世界各国で愛されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいぶげき【西部劇】

アメリカの西部開拓期における人々の苦闘や、そこで起きた事件などを題材とした映画。アメリカ映画の一ジャンル。ウエスタン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西部劇
せいぶげき
Western

劇映画(アクション・ドラマ)の一種で、アメリカ映画固有のものであったが、1960年代以降ドイツイタリアなどでもつくられるようになった。イタリア製の西部劇は俗にスパゲッティ・ウェスタン(日本ではマカロニ・ウェスタン)とよばれる。[品田雄吉]

草創期

エドウィン・S・ポーターの『大列車強盗』(1903)がその始まりといわれ、主として開拓期のアメリカの辺境や西部を物語の舞台としたところからこの名称が冠せられるようになった。1906年ごろから盛んに製作され、トム・ミックスTom Mix(1880―1940)、ウィリアム・S・ハートらの西部劇スターが活躍、ハートは自ら監督をも兼ね、『鬼火ロウドン』(1918)などをつくった。この時代の西部劇は、一般的にいって乗馬と拳銃(けんじゅう)さばきにたけたヒーローが活躍する単純な活劇だったが、セシル・B・デミルの『スコー・マン』(1913)では人種的な問題が取り上げられ、西部劇多様化への第一歩が踏み出された。また、ジェームズ・クルーズJames Cruze(1884―1942)の『幌(ほろ)馬車』(1923)は西部開拓史における叙事ドラマの分野を切り開いた。1930年代から1940年代にかけては、ジョン・ウェインやゲーリー・クーパーなどといった西部劇の大スターが出現し、アメリカ映画の代表的なジャンルに成熟するに至った。この時期のジョン・フォードの『駅馬車』(1939)は西部劇の最高作といわれ、彼はまた第二次世界大戦後も『荒野の決闘』(1946)や、『黄色いリボン』(1949)など多くの騎兵隊ものを発表、西部劇の代表的作家の地位を占めた。[品田雄吉]

第二次世界大戦後

西部劇の基本的な思想は、ピューリタニズムに裏づけられた開拓者精神の賛美と強調であり、勇気と正義と隣人愛が物語の骨格を形づくる。そして、拳銃の撃ち合いや格闘のアクション性とスピード感がもたらす興奮、舞台となる雄大な風土などが映画的な魅力となる。しかし、第二次世界大戦後は、社会状勢の変化を反映して、単なる正義とヒロイズムの賛美にとどまらず、よりリアリスティックに開拓時代をとらえる作品が生まれるようになってきた。フレッド・ジンネマンの『真昼の決闘(ハイ・ヌーン)』(1952)は、ドラマの展開と映画そのものの上映時間とがほぼ同時進行する形でつくられたリアリズム西部劇で、孤立する保安官の姿を通して、従来のヒーローにはみられなかった人間としての弱さを描き、同時に市民たちのエゴイズムを暴いた。また、シェークスピア劇的スケールをもったウィリアム・ワイラーの『大いなる西部』(1958)、流れ者のガンマンに少年を絡ませたジョージ・スティーブンスの『シェーン』(1953)などは西部劇の幅を広げた名作である。その後、男性アクション映画の名匠ハワード・ホークスの傑作『リオ・ブラボー』(1959)や、テレビ畑から出た新しい西部劇作家サム・ペキンパーの異色作『昼下りの決闘』(1962)などもつくられたが、西部開拓の裏面のインディアン大虐殺を描き、騎兵隊をベトナム戦争におけるアメリカ軍の立場になぞらえたラルフ・ネルソンRalph Nelson(1916―1987)の『ソルジャー・ブルー』(1970)や、2人組の強盗を友情や青春の面から描いたジョージ・ロイ・ヒルの『明日に向って撃て!』(1969)などはアンチヒロイズムの西部劇とみなされる。[品田雄吉]

テレビ時代の西部劇

劇映画における西部劇の盛衰は、テレビとの関係においてとらえるのがわかりやすいだろう。1950年代から1960年代にかけて、テレビで西部劇のシリーズが数多く放送された。それは、日本で時代劇のシリーズがテレビで盛んに放送されたのと照応する。スティーブ・マックィーン(『拳銃(けんじゅう)無宿』1958~1960)やクリント・イーストウッド(『ローハイド』1959~1966)はまずテレビで人気を得た。テレビでの西部劇の隆盛は、映画館で公開されるプログラム・ピクチャーとしての西部劇を衰退させる。
 テレビ西部劇シリーズが下降期に入ると、クリント・イーストウッドやバート・レイノルズBurt Reynolds(1936― )らの若手俳優たちは、おりから活発化したイタリア製西部劇に出演する。そしてイーストウッドは、黒澤明の『用心棒』(1961)を無断翻案したセルジオ・レオーネの『荒野の用心棒』(1964)で人気を得て、その後アメリカに戻って、ドン・シーゲルのアクション映画や西部劇でスターとしての地歩を固め、やがて自ら監督もするようになる。しかしながら、人権が重視される時代風潮のなかで、アメリカ先住民を敵役とする、いわゆる中級娯楽作としての西部活劇の衰退は歴史的必然だったといえる。かわって、大作としての西部劇、あるいはカルト・ムービー的な西部劇がみられるようになる。[品田雄吉]

現状

俳優のケビン・コスナーKevin Costner(1955― )が監督・主演した『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990)は騎兵隊の将校を主人公にした西部劇で、自然と調和しながら生きるアメリカ先住民に深い共感を寄せた作品だった。この作品は自然環境を大切にするというコンセプトを受けて「エコロジー西部劇」とよばれることになる。この映画では、善玉はアメリカ先住民であり、アメリカ騎兵隊が悪役である。
 一方、西部劇の第一人者となったクリント・イーストウッドは、監督・主演した『許されざる者』(1992)で、ガンマンの贖罪(しょくざい)と正義の戦いを描いた。また、サイレント期の映画のリメーク(改作)とされるマイケル・マンMichael Mann(1943― )の『ラスト・オブ・モヒカン』(1992)は、イギリス軍に対するアメリカ先住民の戦いを力強くヒロイックに描き、改めてアメリカ開拓史における先住民の存在に光をあてた。
 またアレックス・コックスAlex Cox(1954― )の『ストレート・トゥ・ヘル』(1987)やジム・ジャームッシュJim Jarmusch(1953― )の『デッドマン』(1995)はカルト系の西部劇と位置づけることができよう。いずれにしても、無敵の正義派ガンマンが登場する西部劇は完全に過去のものとなったのである。[品田雄吉]
『増淵健著『西部劇映画100選』(1976・秋田書店) ▽児玉数夫著『西部劇大鑑』(1976・明治書院) ▽フィリップ・フレンチ著、波多野哲朗訳『西部劇、夢の伝説』(1977・フィルムアート社) ▽ドナルド・シェパード他著、高橋千尋訳『DUKE ジョン・ウェイン』(1989・近代映画社)  ▽ミンティー・クリンチ著、奥村恵美訳『クリント・イーストウッド――強くて寡黙な男の肖像』(1995・近代映画社) ▽ハリー・ケリー・ジュニア著、高橋千尋訳『ジョン・フォードの旗の下に』(1997・筑摩書房) ▽中条省平著『クリント・イーストウッド――アメリカ映画史を再生する男』(2001・朝日新聞社) ▽逢坂剛・川本三郎著『大いなる西部劇』(2001・新書館) ▽増淵健著『西部劇――その精神と魅力の解剖』(三一新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西部劇の言及

【捜索者】より

…1956年製作のジョン・フォード監督の西部劇。《荒野の決闘》(1946)から《シャイアン》(1964)に至るフォードの戦後の西部劇の頂点とみなされ,フォード自身のことばによれば〈家族の一員になることができなかった1人の孤独な男の悲劇〉を描いた詩情あふれるフォード西部劇の集大成でもあり,また,人種偏見と憎しみに生きる孤独な男の心のなかに突如愛とヒューマニズムがよみがえる瞬間をみごとに感動的に演じてジョン・ウェインの最高作ともみなされる作品である。…

【大列車強盗】より

…〈犯罪〉〈暴力〉〈正邪の対決〉といったすぐれてアメリカ映画的な要素をはらんだストーリーを,初めて映画的な話法で表現することに成功して〈アメリカ映画の最初の古典〉とみなされている。〈最初の物語映画(story film,またはnarrative film)〉,そして〈最初の西部劇〉としても知られる。当時の社会的関心事であった列車強盗を題材に,強盗団が郵便車から大金のはいっている郵便袋を盗んで,逃走するが,追跡隊によって銃撃戦の末,全滅させられるまでが14のシーン(=カット)によって構成されている(長さは586フィート,当時の上映スピードで約9分というのが通説である)。…

【マカロニ・ウェスタン】より

…イタリア製西部劇の日本での俗称で,ときに〈マカロニ西部劇〉とも呼ばれる。また,英語国では〈スパゲッティ・ウェスタンspaghetti western〉と呼んでいる。…

【真昼の決闘】より

…フレッド・ジンネマン(1907‐97)監督作品。〈リアリズム西部劇〉の傑作として知られる。日曜日,自分自身の結婚式の当日にもかかわらず,保安官は復讐にくる殺し屋とその一味を迎えて決闘しなければならないという,西部劇としてはごくありきたりの物語を,緻密(ちみつ)な心理描写(花嫁や町の人々から協力を得られぬ孤立無援の保安官の焦躁,苦悩など)や時間的なリアリズム(殺し屋が乗ってやってくる列車が町に到着する正午までの1時間20分を,たえず時計を画面に見せながら,正確に〈同時進行形〉で描く,等々)で構成し,ホームドラマと恋愛映画を西部劇のなかにもちこんだジョージ・スティーブンズ監督《シェーン》(1953)などとともに,西部劇を子ども向けの活劇からおとなの映画に変えた画期的な作品である。…

【リオ・ブラボー】より

…1959年製作のアメリカ映画。《赤い河》(1948)に次ぐハワード・ホークス監督,ジョン・ウェイン主演の西部劇で,このあと同工異曲のプロットと人物配置をもつ同じコンビの西部劇《エル・ドラド》(1966),《リオ・ロボ》(1970)と合わせて〈リオ・ブラボー三部作Rio Bravo Trilogy〉とよばれる。 ウィル・ライト著《六連発銃と社会》(1975)によれば,開拓民の共同体を〈悪〉から守るヒーローの活躍を描いた〈古典的なプロット〉の西部劇に対して,まずジョン・フォード監督の《駅馬車》(1939)が個人の執念に生きるヒーローを描く〈復讐のテーマ〉の西部劇のはじまりとなり,次いで《リオ・ブラボー》がプロのガンファイターたちのプロとしての誇りと責任や腕の競い合いを興味の中心とする〈プロフェッショナルのテーマ〉を開いた西部劇として,トーキー以後の西部劇の流れを変えたという。…

※「西部劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西部劇の関連キーワードアメリカ映画アーリーアメリカンアーリーアメリカンスタイルアメリカ アメリカあめりか祭アメリカの影アメリカを斬る映画に愛をこめて/アメリカの夜西部開拓史アメリカン・サドルブレッド種 (American Saddlebred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西部劇の関連情報