ウィリアム・フィールディング オグバーン(英語表記)William Fielding Ogburn

20世紀西洋人名事典の解説

ウィリアム・フィールディング オグバーン
William Fielding Ogburn


1886.6.29 - 1959.4.27
米国の社会学者。
プリンストン大学講師,リードカレッジ教授,ワシントン大学教授,コロンビア大学教授,シカゴ大学教授,19代アメリカ社会学会会長。
第一次大戦中に社会統計調査を連邦政府機関の依頼により実施した。社会変動技術など多方面に渡る研究で、特に「社会変動論」(1922年)の中に書かれている文化遅滞(カルチュラル・ラッグ)理論は有名であり、文化を技術や施設などを含み累積的に進歩する「物質的文化」と制度や価値体系を含み累積的には進歩しない「適応的文化」とに区別し、この二つの文化の間にある変化率の違いによる遅滞が生ずることを述べており、適応文化の遅れが社会問題を多発させているとしている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android