コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルクス・バリ Wilkes‐Barre

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルクス・バリ【Wilkes‐Barre】

アメリカ合衆国,ペンシルベニア州東部の工業都市。人口5万1551(1980)。サスケハナ川の東岸に位置し,かつては無煙炭生産地域の中心地であった。衣服,鉛筆,電気部品,タイヤ,石油精製機械,タバコなどの工業がある。1769年に定住が行われ,1871年に市制施行。都市名は,アメリカ植民地政策に反対した,イギリスの庶民院議員ジョン・ウィルクスとアイザック・バリにちなむ。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィルクス・バリの関連キーワードダーラン フリューゲルマンキーウィッツ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android