コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィレンドルフ遺跡 ウィレンドルフいせきWillendorf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィレンドルフ遺跡
ウィレンドルフいせき
Willendorf

オーストリアドナウ川の北側にある後期旧石器時代の代表的遺跡。遺跡は数地点見られるが,最重要なのはウィレンドルフIIである。ここには 9層あり,下層にはオーリニャック文化,中層には東グラベット文化(→グラベット文化),上層には東グラベット文化の発展したかたちであるパブロフ文化がみられる。この最上層のパブロフ文化はえぐりのある尖頭器を特徴としており,この層から石灰岩でつくられた著名な『ウィレンドルフのビーナス』が出土している。東・中央ヨーロッパの後期旧石器文化の編年上で最も重要な遺跡として知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android