コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィレンドルフ遺跡(読み)ウィレンドルフいせき(英語表記)Willendorf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィレンドルフ遺跡
ウィレンドルフいせき
Willendorf

オーストリアドナウ川の北側にある後期旧石器時代の代表的遺跡。遺跡は数地点見られるが,最重要なのはウィレンドルフIIである。ここには 9層あり,下層にはオーリニャック文化,中層には東グラベット文化(→グラベット文化),上層には東グラベット文化の発展したかたちであるパブロフ文化がみられる。この最上層のパブロフ文化はえぐりのある尖頭器を特徴としており,この層から石灰岩でつくられた著名な『ウィレンドルフのビーナス』が出土している。東・中央ヨーロッパの後期旧石器文化の編年上で最も重要な遺跡として知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android