コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尖頭器 せんとうきpoint

翻訳|point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尖頭器
せんとうき
point

刺突に用いたと考えられる先端のとがった石器,骨角器。全体が二等辺三角形に近いムスティエ型尖頭器や月桂樹葉状のソリュートレ型尖頭器がある。槍先や短剣のように用いられたものであろう。また骨角の一端をとがらした尖頭器もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんとう‐き【×尖頭器】

石器骨角器のうち、一端または両端がとがった形状のものの総称。ポイント

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんとうき【尖頭器】

先のとがった尖頭部をもつ石器。後期旧石器時代のものを槍先形尖頭器、旧石器時代末~縄文草創期のものを有舌尖頭器、縄文時代から弥生時代のものを石槍せきそうともよぶ。ポイント。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尖頭器
せんとうき

ポイントpoint。先端が鋭く尖(とが)っていて、おもに刺突(しとつ)するために使われた石器。槍(やり)の穂先として着装されていた狩猟具と考えられる。日本では先土器時代に出現し、縄文時代、弥生(やよい)時代にわたり用いられた。先土器時代のものは尖頭器または槍先形尖頭器、縄文時代以降のものを石槍(せきそう)とよぶ慣行がある。
 尖頭器には、石片の両面に加工を施し仕上げたもの、片面だけに加工したもの、一面を加工し、片面は半分だけ加工したものなどがある。また、その外形においても、柳葉(りゅうよう)形、半月形、有茎(ゆうけい)形と変化に富み、その使われた時期、あるいは狩猟の対象に応じ、大小さまざまな形のものが用いられていた。[戸沢充則]
『戸沢充則著『尖頭器文化』(『日本の考古学I』所収・1965・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尖頭器の言及

【石器】より

ハンド・アックス(握槌,握斧)様の石器が岩宿で発見され,敲打器また楕円形石器と呼ばれている。一端をとがるように加工した石器には種類が多いが,一般にその形状から尖頭器,ポイントと呼ばれ,突き刺す,切るための道具である。自然石そのままを,あるいは打ち割ったかけらを素材にし,加工が片面だけのもの(片面加工),と両面にわたるもの(両面加工)がある。…

※「尖頭器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone