ウィンチェスター大聖堂(読み)ウィンチェスターダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

ウィンチェスター‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ウィンチェスター大聖堂】

Winchester Cathedral》英国イングランド南部、ハンプシャー州の都市ウィンチェスターにあるイギリス国教会の大聖堂。11世紀の創建。奥行き約170メートルもの身廊が14世紀末から16世紀にかけて建てられた。ゴシック様式だが、一部にノルマン様式が残る。作家オースティンウォルトンの墓がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウィンチェスター大聖堂の言及

【ウィンチェスター】より

…この派は,カロリング朝美術とアングロ・サクソンの伝統との総合に成果をあげ,その様式はカンタベリーなどにも広まった。ウィンチェスター大聖堂は,ノルマン征服後の再建になるノルマン様式翼廊(11世紀後半)と14世紀のゴシック垂直様式Perpendicular Style身廊が結合し,全長169mでイギリス最長である。【岸本 雅美】。…

※「ウィンチェスター大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android