コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンテル うぃんてる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ウィンテル

ウィンドウズ」と「インテル」の合成語。米マイクロソフト社が開発した基本ソフト「ウィンドウズ」と、超小型演算処理装置の米メーカー「インテル」の社名が組み合わさったもの。この2社はそれぞれの分野で圧倒的なシェアを持ち、デファクトスタンダード(業界標準)を形成。圧倒的な強さから両社製品を搭載したパソコンを「ウィンテル」と皮肉を込めて呼ぶ場合もある。最近は互換製品や無料のLinuxなどの影響で独占体制は崩れつつある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ウィンテル【Wintel】

マイクロソフトのオペレーティングシステムWindows」シリーズと、インテルのマイクロプロセッサーを搭載したパソコン(パーソナルコンピューター)。◇「Windows」と「Intel」からの造語。1990年代以降の事実上の業界標準(デファクトスタンダード)を形成してきたマイクロソフトとインテルによる寡占状態を表す語としても用いられる。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ウィンテルの関連キーワードマルティーン グラープマンインテル(半導体メーカー)デファクト・スタンダードエミール ブルンナーブルンナー エーミルPowerPC連合エックスはちろくズルツァーダンカン情報産業電子工業グラフバルト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィンテルの関連情報