コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンプフェリング Jacob Wimpfeling

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンプフェリング【Jacob Wimpfeling】

1450‐1528
ドイツの人文主義者。ハイデルベルク大学教授をつとめたが,1501年その職を辞し,以後主としてシュトラスブルクに住んだ。愛国的ジャーナリストとして活動し,その《ドイツ史略》(1505)は最初のドイツ史の書であり,《ドイツ国民の不平》(1511)では,聖職者の無教養とローマによる搾取を攻撃した。宗教改革にははじめは好意を示したが,最後までカトリックにとどまった。【中村 賢二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウィンプフェリングの関連キーワードガイラー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android