コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンプフェリング Jacob Wimpfeling

1件 の用語解説(ウィンプフェリングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンプフェリング【Jacob Wimpfeling】

1450‐1528
ドイツの人文主義者。ハイデルベルク大学教授をつとめたが,1501年その職を辞し,以後主としてシュトラスブルクに住んだ。愛国的ジャーナリストとして活動し,その《ドイツ史略》(1505)は最初のドイツ史の書であり,《ドイツ国民の不平》(1511)では,聖職者の無教養とローマによる搾取を攻撃した。宗教改革にははじめは好意を示したが,最後までカトリックにとどまった。【中村 賢二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィンプフェリングの関連キーワード享禄世宗ウェールズ文学姜 維平薬師寺明智光秀王陽明北畠具教享禄大永

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone