コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不平 フヘイ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐へい【不平】

[名・形動]納得できず不満であること。また、そのさま。「しかられて不平な顔をする」「不平たらたら」
[用法]不平・不満不服――「交渉の結果に不平(不満・不服)をもらす」では三語とも用いられる。◇「不平」は要求が満たされなくて不愉快な思いが態度やことばに出る場合に多く用いる。「『弟ばかりかわいがって』と兄が不平を言う」「政治に対して不平を並べる」◇「不満」は要求の水準に達していないので物足りない、気に入らないと思う意が強い。「与えられた役を不満に思う」「欲求不満」「この成績では不満だ」など「不平」「不服」では置き換えられない。◇「不服」は相手の申し出・条件などに従えない場合に多く用いる。「判決に不服を申し立てる」「一方的な押しつけには不服だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふへい【不平】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
不満に思うこと。満足できなくて心が穏やかでないこと。また、そのさま。 「 -不満を言う」 「何か心中こころに-な事があるとか/はやり唄 天外
公平でないこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

不平の関連キーワード膨れっ面・脹れっ面愚痴る・愚癡るコンプレイント如何の斯うの行き場・行場頬を膨らます面持ち・面持溜飲が下がるごちょごちょ愚図ら愚図ら四の五の言う不平を鳴らす鬱積・欝積唇を尖らす不足を言うぼいぼいぶつつく割を言うはやり唄ぐじぐじ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不平の関連情報