好意(読み)こうい

精選版 日本国語大辞典「好意」の解説

こう‐い カウ‥【好意】

〘名〙
① 人に対していだく、親切な心。その人のためを考えてしようとする気持。⇔悪意
※通俗酔菩提全伝(1759)四「(コウイ)(〈注〉ココロサシ)を感ず」 〔蘇軾‐送張嘉州
② このましく思う気持。また特に、相手に対する愛情のやや遠まわしな表現に用いられる。
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉一「何かで登喜子の好意の証(あかし)が見たかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「好意」の解説

こう‐い〔カウ‐〕【好意】

その人にいだく親しみや好ましく思う気持ち。愛情の婉曲的な表現としても用いられる。「誰もが好意をもつ人柄」「ひそかに好意を寄せる」
その人のためになりたいと思う気持ち。親切な気持ち。「好意を無にする」「ご好意甘えてお借りします」
[類語]善意厚意老婆心好感親切

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「好意」の解説

【好意】こう(かう)い

善意。親切。軾〔張嘉州を送る〕詩 歸來(ま)た受く、一大錢 好(な)し、髮の(さう)(老人

字通「好」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android