コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェクスフォード Wexford

世界大百科事典 第2版の解説

ウェクスフォード【Wexford】

アイルランド東海岸南端部,ウェクスフォード湾にのぞむ同名県の県都。人口1万1417(1981)。地名は9世紀ころ町を築いたデーン人の言葉に由来し,干潮時に干上がる浅い入江を意味する。イングランドに近いため12世紀にはその植民地となり,18世紀末には独立運動の拠点となった。後背地ではモルト用大麦,テンサイ乳牛,豚,羊などの農牧業が盛んで,市の製造業も食品工業,乳製品,肥料などの農業関連が主である。近年は衣類,漁具の製造にも力が注がれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウェクスフォードの関連キーワードウラディーミル ユロウスキ死が二人をわかつまでもはや死は存在しない運命のチェスボードひとたび人を殺さばウェクスフォード県ジョン ウェルカム偽りと死のバラッド仕組まれた死の罠マンダリンの囁きアイルランド反乱コルム トビーンルース レンデルジョン バンビルダン オハーリー罪人のおののき眠れる森の惨劇死を望まれた男指に傷のある女惨劇のヴェール

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android