ウェクスフォード(英語表記)Wexford

世界大百科事典 第2版の解説

ウェクスフォード【Wexford】

アイルランド東海岸南端部,ウェクスフォード湾にのぞむ同名県の県都。人口1万1417(1981)。地名は9世紀ころ町を築いたデーン人の言葉に由来し,干潮時に干上がる浅い入江を意味する。イングランドに近いため12世紀にはその植民地となり,18世紀末には独立運動の拠点となった。後背地ではモルト用大麦,テンサイ乳牛,豚,などの農牧業が盛んで,市の製造業も食品工業,乳製品肥料などの農業関連が主である。近年は衣類漁具の製造にも力が注がれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android