コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルンヘル・デル・ガルテネーレ Wernher der Gartenaere

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルンヘル・デル・ガルテネーレ【Wernher der Gartenaere】

13世紀のオーストリア(あるいは南ドイツ,バイエルン)の詩人。伝記不詳。代表作である短編の韻文物語《ヘルムブレヒトHelmbrecht》(1250‐80)は,農民の身分にあきたりない農家の若者が盗賊騎士の手下になって農民を苦しめ,あげくの果ては農民に復讐されて悲惨な最期を遂げるという話で,中世的身分秩序を乱した成上り者のたどる破滅の運命が風刺的に語られている。しかしこれは単なる教訓詩ではなく,騎士階級が没落し,農民・市民階級が台頭しつつあった過渡期の社会的・文化的動揺をリアリスティックに描いた時局物語である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウェルンヘル・デル・ガルテネーレの言及

【ドイツ文学】より

…これらの叙事詩の基礎にある倫理は,行動に節度を保ち,調和のある生き方をすすめるものであったが,宮廷社会が混乱し,その倫理が空洞化するにつれて,長編の叙事詩形式は維持されなくなっていく。ウェルンヘル・デル・ガルテネーレの《ヘルムブレヒト》のように,身分社会の混乱をそのまま映し出す短い形式への移行が生じたし,またそこに滑稽譚という領域を開拓して風刺文学の草分けとなったのが,シュトリッカーである。
[抒情詩のモティーフ]
 抒情詩ではトルバドゥールの様式を受け継いだミンネザングが成立し,貴婦人への愛の奉仕を最高の理念とする歌が多く作られた。…

※「ウェルンヘル・デル・ガルテネーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android