コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウエストコート waistcoat

翻訳|waistcoat

大辞林 第三版の解説

ウエストコート【waistcoat】

ベスト・チョッキのイギリスでの名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のウエストコートの言及

【ジレ】より

…スーツなどを着るとき上衣の下に着るブラウスがわりの胴衣。おもに女性用で,袖なし,脇で紐結びが多く,フリルやレースなどの飾りをつける。もともとは男性の着たもので,1770年代にイギリスから短い新型の胴衣(ウェストコート)がもたらされ,フランスではこれをジレと呼び,ジュストコルという上衣の下に着た。18世紀には上衣とともに丈はより短くなり,袖なしになった。19世紀中ごろに今日の背広服が確立されてから,チョッキとして用いられてきた。…

【ベスト】より

…丈の短い袖無しの胴衣で,日本ではチョッキともいう。ベストはアメリカでの名称であり,イギリスではウエストコートwaistcoatと呼ぶ。ベストの起源は16世紀にまでさかのぼるが,現代のベストに形態的に直接つながるのは,19世紀の初期からイギリスの郵便配達夫や御者が防寒のために着た紡毛地のポストボーイ・ウエストコートとされている。…

※「ウエストコート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウエストコートの関連キーワードベスト(チョッキ)コート(衣服)ジュストコールブラウスイギリス胴着名称ジレ