ウォッシュ湾(読み)ウォッシュわん(英語表記)Wash

翻訳|wash

世界大百科事典 第2版の解説

ウォッシュわん【ウォッシュ湾 Wash】

イギリス,イングランド中部東岸にある北海の浅い入江。長さ約32km,幅約24kmで,リンカンシャー,ノーフォーク両州に囲まれる。後氷期の海進によって形成され,かつてはケンブリッジピーターバラ付近までが広がっていたが,ウーズ,ネン,ウェランド,ウィザムなどの河川によってしだいに埋積された。沿岸一帯はフェンランドFenlandと呼ばれる大沼沢地であり,ローマ時代から開発が試みられ,17世紀に排水・干拓事業が完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android