コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォリスフトゥナ諸島 ウォリスフトゥナショトウ

デジタル大辞泉の解説

ウォリスフトゥナ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ウォリスフトゥナ諸島】

Wallis et Futuna》南太平洋のフィジーの北東、サモアの西にあるフランスの海外領土。17世紀にオランダ人がフトゥナ諸島を、18世紀に英国人がウォリス諸島を発見したが、19世紀にフランスが領有。住民投票を経て1961年にフランスの海外領土となった。首都はウォリス諸島ウベア島マタウツワリスフテュナ諸島。人口2万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ウォリスフトゥナ諸島の関連キーワードフトゥナ島ラロラロ湖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android