コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウベア島(読み)ウベアとう(英語表記)Île Uvéa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウベア島
ウベアとう
Île Uvéa

南太平洋南西部,フランス領ニューカレドニア,ロワヨテ諸島北端の環礁。土地は肥沃で,コプラを輸出。観光地。ワリー諸島にも同名の島がある。面積 132km2。人口 3540 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウベア‐とう〔‐タウ〕【ウベア島】

Ouvéa》ニューカレドニア島北東沖に浮かぶ島。ロワイヨテ諸島に属す。長さ約50キロメートル、幅約7キロメートルの細長い島で、環礁の東縁に位置する。ココヤシから作られる石鹸が名産。主な集落は南部のフェアウェ
Uvea》南太平洋、フランスの海外領土ウォリスフトゥナ諸島、ウォリス諸島の島。英語名ウォリス島。ウォリスフトゥナ最大の島で、東岸に首都マタウツがある。火山起源の島でキキラ湖やラロラロ湖などのカルデラ湖が点在し、周囲を環礁と十数の小島に囲まれる。北部にヒヒフォ国際空港がある。トンガ系住民が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android