ウォルシーニー(英語表記)Volsinii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代エトルリアの都市。現イタリアのボルセナ近郊に女神ウォルツムナの神殿があり,エトルリア 12都市国家同盟の中心となっていた。前4世紀にはローマと戦ったが,前 294年敗れ,前 265年頃からローマに服属。前 90年ローマ市民権を与えられ,カッシア街道が貫通する交通の要地として繁栄した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android