コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルシーニー Volsinii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルシーニー
Volsinii

古代エトルリアの都市。現イタリアのボルセナ。近郊に女神ウォルツムナの神殿があり,エトルリア 12都市国家同盟の中心となっていた。前4世紀にはローマと戦ったが,前 294年敗れ,前 265年頃からローマに服属。前 90年ローマ市民権を与えられ,カッシア街道が貫通する交通の要地として繁栄した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android